So-net無料ブログ作成

春はあけぼの



ザワザワしています。

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 1

トメサン

[原文]

春はあけぼの
やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる

夏は夜
月の頃はさらなり
闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる
また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし
雨など降るもをかし

秋は夕暮れ
夕日のさして山の端いと近うなりたるに、
烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、
二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり
まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし
日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず

冬はつとめて
雪の降りたるは言ふべきにもあらず、
霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、
火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、
火桶の火も、白い灰がちになりてわろし

原作:清少納言


[(行間の意訳を多く含む)現代語訳 ]

春といえば花の季節であり、とかく桜の花を思うものですがあえて私は「春はあけぼの」であるとお伝えします。春の夜明けの柔らかな光が、少しずつ雲と山とを染めてゆく様子を想ってみてください。思えば春の花々や新緑が美しいのも、この新しい太陽の霊性が私たちの世界を彩るからではないでしょうか。春とは、新しい予感のする始まりの時、なのです。

夏といえば皆さんは何を思われますか。日に灼けた白い砂浜、海水浴、スイカの実も素晴らしいですね。しかし私はあえて「夏は夜」であると言います。なぜなら、夏の夜はロマンチックだから、です。月の夜、闇の夜、清流のせせらぎ、蛍が出会い、通いあって恋をするでしょう。それはほのかな恋かもしれないし、情熱的な雨のような激しい恋かもしれない。素敵なことだと思いませんか。

秋の夕暮れの光が山々の紅葉を照らし、澄んだ高い空に、太陽の霊性を最も強く感じられるその時間には、目に映るすべてのものが美しく愛しく見えるでしょう。夕焼け空にカラスの子らが帰ってゆきます。雁の群れが渡ってゆきます。すっかり暗くなる頃には風の伴奏に乗せて虫達も命の営みを賛美します。ですから私は「秋は夕暮れ」と言うのです。

冬の朝早くに雪が降り積もっているのをみつけて、真っ白な世界にはっとしたことはありますか。透明な白い氷の結晶に出会い、あなたは何を思いましたか。素敵ですね。ただ、寒いものですから大急ぎで暖をとる支度をします。黒い炭の結晶がパチパチと赤く輝いて、宮仕えの女房達が廊下を駆けてゆく音が聞こえてくるようです。私は今も、宮中にお仕えしていたあの頃を懐かしく思いながら、これを書いているのです。私はどちらかといえば、ぬるくゆるいものより、冬の朝のようにピリッとした心地よい緊張感が好きなんです。

なお、私が四季に、あけぼの、夜、夕暮れ、早朝という一日の時間帯をあてたのは、春夏秋冬を通して大きな時のダイナミズムの対比を描くためだけではなく、いただいた紙に殿方が史記を書写されていたのを、私なりにパロディしたことも一因です。
by トメサン (2017-04-16 15:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0